2017年8月12日 (土)

ホンモノの材料

IMG_9544_R

六ッ川の家のポーチには、中古の大谷石を使用しています。擁壁などに使われていた大谷石をひっくり返して、階段や踏み石などに利用しています。

IMG_9545_R

使っているとボロボロと削れてくるのですが、これがいいのです。ニセモノの材料は削れたりすると中身が違うものが出てきたりしますが、これはもちろんホンモノの石ですから、削れても中は同じ石です。完成したときのままでなく、日々変化していく、こんな感じがなんかとってもいいのです。

|

2017年8月11日 (金)

お客様感謝納涼会

P1140077_R

本日はあすなろ建築工房にて毎年恒例の「お客様感謝納涼会」が開催されました。OBのお客様、設計中や工事中のお客様、検討中のお客様、大工さん、職人さんなど、家づくりに関わる人々の交流の場として毎年開催しています。

P1140072_R

朝、皆で準備開始です。今年は準備の時間の間は、霧雨が降るお天気で、暑くならず助かりました。

P1140069_R

流しそうめんの用の青竹は、お客様のお庭の竹林から頂いてきました。青竹を割って、準備しています。

P1140105_R

今年もOBのお客様にお願いして、高級和牛をたくさん仕入れました。

P1140094_R

特にタンは牛一頭分です。サンダーバード2号のような形のままでやってきます。

P1140101_R

肉厚で切り分けています。ほんとに美味しいですよ!

IMG_9550_RIMG_9549_R

このメンバーでおもてなしさせて頂きます。

IMG_9554_R

準備が完了し、お客様がいらっしゃる前にスタッフ皆で試食。

P1140115_R

お客様がいらっしゃいました。

P1140119_RP1140176_R

セルフサービスでの焼肉です。お好きな食材をどうぞ!

P1140218_R

生ビールサーバーのビールはやはり味が違います。

P1140214_R

子供たちはお好きなジュース飲み放題。

P1140121_R

お客様から手作りケーキの差し入れを頂きました。

P1140222_R

この納涼会は、職人さんとお客様との交流の場としても大事な場であると考えています。造園屋さんとお客様と「お久しぶりです。その節はどうも」なんて会話がなされています。

P1140169_RP1140162_R

この納涼会のもう一つの目的が、「お客様同士の交流」です。OBのお客様から、これから家を建てるお客様へアドバイスをもらえたりします。またお客様同士も一年ぶり(お餅つきで会っている場合は半年振り)の再開であったりします。

P1140137_R

毎年子供たちに大人気の流しそうめん。

P1140183_RP1140188_RP1140190_R

流しそうめんは、流水で冷やされほぐされるので、いつものそうめんより美味しいのです。

P1140134_R

実は大人も「食べたい」のが流しそうめんです。

IMG_9584_R

スイカ割りが始まります。「整理券順に並んで~!」

P1140228_RP1140238_R

スイカ割りは、子供たちに大人気。やっぱり楽しいですよね。

IMG_9559_RIMG_9560_RIMG_9562_RIMG_9563_RIMG_9564_RIMG_9565_RIMG_9566_RIMG_9567_RIMG_9568_RIMG_9570_RIMG_9571_RIMG_9572_RIMG_9589_RIMG_9588_R

今年もお越し頂いた皆様と自撮棒で記念撮影させて頂きました。今年も賑やかな納涼会となりました。また来年もお越しをお待ちいたしております。

|

2017年8月10日 (木)

SOYANO製品 施工例写真コンテスト

征矢野建材さんが主催された『第1回 SOYANO製品 施工例写真コンテスト』の結果発表がありました。あすなろ建築工房から応募した「六ッ川の家」が優秀賞、「追憶の家」が入賞を頂きました。両住宅で使用している「あづみの松フローリング」は信州赤松のフローリングで、節の部分を取り除いてジョイントされたもので、無節のきれいな肌のフローリングです。柔らかく、暖かく(熱伝導率が低い)、見た目もきれいなので、主に2階の寝室や子供部屋などに使用しています。是非ご覧ください。

http://www.soyano.com/blog/?p=1544

|

2017年8月 9日 (水)

エアコン一台で全館冷房

IMG_9539_R

台風が過ぎ去り、本日は外気温がすごい勢いで上がっていっていきました。

IMG_9540_R

私は自宅には居ませんでしたが、自宅の様子をモニタリングしてみました。数日前までエアコンを使わずに生活していましたが、日曜日の夜からエアコンを稼動させて実験しています。2階の階段上(ロフト)に設置した8畳用エアコン1台で家全体を冷やしています。14:30の時点で、外気温は34℃まで上がりましたが、1階リビングは28℃以下でギリギリセーフ、2階は28.5℃まで上がってしまっているので、扇風機などで気流を起こさないと暑いかも?って感じです。ここまで暑いと床下エアコンも補助として稼動させる必要があるかもしれません。

|

2017年8月 8日 (火)

家具のウレタン塗装メンテナンス

IMG_9514_R

15年前に設計した住宅に久しぶりに行ってきました。RCの3階建て集合住宅です。

IMG_9516_R

今の私の設計デザインとはかなり違いますね。(^_^;)

IMG_9519_R

オーナーからの依頼で、家具の天板のメンテナンスを行います。ウレタン塗装も15年位使うと表面を再塗装する必要が出てきます。

|

自家製 蜜ロウワックス

P1140033_RP1140032_R

自家製蜜ロウワックスの在庫が切れたので本日製作しました。このところ需要が多くてすぐに無くなってしまうので、今回は大量製作しました。市販のワックスは海外製のものも多く信用度に足りないものも多いです。今回もしっかりと材料にはこだわって、「一番搾り純正荏油」と「国内養蜂農家直送ビーズワックス」を取り寄せました。

P1140038_R

蜜ロウワックスは調合次第で、塗りやすさが違ってきます。しっかりと重さを量って調合します。

P1140054_R

荏ゴマ油を温めて、蜜蠟を溶かします。ここにオレンジオイルも入れて香付けをしています。

P1140059_R

溶け込んだ油をタッパーに入れます。

P1140045_R

タッパーに入れたら、冷えるまで常温で待ちます。

P1140061_R

いい感じの柔らかさです。芋ようかんのような色合いです。「舐めても大丈夫ですよ」と説明していることもあるので、試しに少し食べてみました。当たり前ですが美味しくはないです。バターを食べているような食感で味はまったくなし。オレンジオイルの香りがするので、オレンジ味のようにも錯覚するけど、味はありません。

P1140063_R

たくさん出来ました。新築のフローリング材へ塗布する他、新築やリフォーム工事のお客様にお渡ししています。

|

2017年8月 7日 (月)

お別れ会

IMG_9507

山長商店の社長である榎本崇秀氏がお亡くなりになりました。39歳という若さです。今年の一月に社長に就任されたばかりです。あすなろ建築工房の構造材の仕入れ先というだけでなく、JBN全国工務店協会の次世代の会では、研修などで頻繁にご一緒させて頂き、木材のことをいろいろと勉強させていただいていました。お別れ会が、彼の地元の和歌山県田辺市で開催されるとのことで、チケットをとって準備していたのですが、まさかの巨大台風が直撃となってしまいました。

IMG_9506

予定便とその後の便も欠航との連絡。戻りを考えると無理することもできず、やむなく断念することとなってしまいました。改めてお別れには行きたいと思います。ご冥福をお祈りいたします。

|

2017年8月 6日 (日)

エアコンに頼らず、夏を快適に過ごす

IMG_9477_R

自宅である「六ッ川の家」は、まだこの夏にエアコンを稼働させないまま過ごしています。日射の直射光が入らないこと、高台で風が程よく通り抜けること、シーリングファンが心地よいこと、などからエアコン要らずのままになっています。室内温度は外気温と同じですが、そよ風が吹き抜けるので、今のところ、汗ばむようなこともありません。

IMG_9019

朝日が昇って数時間は、東からの日差しとなるので、南側の窓には太陽の陽は差して来ません。

IMG_9419_R

朝、水平方向から陽が差し込むことになる東側には、日射制御上不利となる大きな窓を設けていません。とは言っても、まったく窓を設けないわけにもいきません。

IMG_9271_R

星見台の出入り口は、朝は直射光が差し込みます。夏場は写真のような日射遮蔽タープを取り付けています。

IMG_9409_R

建物の外観にとってもいい感じのアクセントになっていると思います。

IMG_8988_R

同じく東側には浴室の窓があります。この窓先には観賞兼用の日除けになる桜の木を植えていますが、まだ日除けになるには成長が足りていないので、写真のようにツタ系の野菜を受けて日除けにしています。秋口になると枯れてくるので、冬場は朝方に日射を取り込む窓になります。

IMG_2084

南側(写真右側)の屋根は大きく軒が出ています。この軒の出のお陰で、2階の窓に直接日が差し込むことを防いでいます。

P1140023_R

1階も深い軒のお陰でお昼前後は室内に日が差し込みません。

P1140022_R

とは言ってもお昼過ぎには、太陽高度が低くなるので、軒では日の光をカバーできません。

IMG_3296_R

そこで活躍するのが日射遮蔽タープです。

image

image

image

この日射制御タープについては、5月24日に放送されたヒルナンデスでも大きく取り上げて頂きました。詳しくは↓をご覧ください。19分30秒あたりです。

P1140022_R

タープを通した光は紫外線を76%カットしてくれています。

f01

トップライトは北側の部屋に光を取り入れたり、熱気を逃がしたりするにはとても有効な窓ですが、夏は真上から日射が差し込むことになるので、ここも日射を遮る必要があります。

f02

最近のトップライトは、日射制御のハニカムブラインドが組み込まれています。ブラインド本体に太陽電池パネルとバッテリーが内蔵されているので、配線する必要がなく、施工性にも優れています。

00_01

次に夕方の西日対策がとても大事です。西日は外気が十分に高い頃に真横から差し込むことになるので、しっかりと制御する必要があります。西側には窓を極力少なくし、設置する場合には写真のように外部にすだれを設置しています。

P1140027_R

気温が28度を超えるようであれば、ある程度の風がないと暑く感じます。風があれば30度ちょっと位であれば、快適に過ごすことが出来ます。そこで室内に風を起こすために、吹き抜けにシーリングファンを設置しています。これがあるのと無いのとでは大違いです。大きな羽から送られてくる緩やかな風はとても気持ちがよいものです。

以上のように、建物の工夫によってエアコン要らずの生活は可能となります。しかしこれも、外気温が30度ちょっとまでで、微風がある条件化での話となります。外気温が35度となる日や無風状態の時には、どうしても室内も看過できない環境となります。熱射病対策のためにも、無理せず、意地を張らずに、エアコンを使うことも大事なことです。

|

2017年8月 5日 (土)

木工教室

P1130935

本日はあすなろ建築工房の木工教室が開催されました。すべて予約制、定員制で3部に分けて開催しました。

P1130840

準備OKです。

P1130853

まず最初に座学として、木のことと、道具の使い方を説明します。

P1130855

皆真剣に聞いていますね。

P1130859

第一部の講師は菊地です。

P1130910

第二部の講師は三塚です。

DSC06406

第三部の講師は飯沼です。

DSC06315

座学では、お手本として大工の実演を見てもらいました。今年はトシが実演しました。まずは玄翁(げんのう)の使い方。

DSC06329

次にカンナの使い方。

006

座学が終わると班に分かれて、工作です。低学年はこの3つから選択して製作します。

007

高学年の今年の製作物は「スライド式本立て」です。

IMG_9452

ミニ黒板製作の様子。

P1130934

コインスライダー製作の様子。

IMG_9455

珪藻土の額絵製作の様子。

P1130886

貝殻やビーズなどを自由に珪藻土に埋めてもらいます。

P1130868

スライド式本立て製作の様子。

P1130997

高学年はマンツーマンでの指導です。

DSC06351P1130877

未就学の弟さん、妹さんは、塗り絵をしたり、パズルをしたりして待っていてもらっています。

P1130947_RP1130950_RP1140001_R

「片付けも仕事のうち」ってことで、作業の後のお掃除もしっかりとやってもらっています。

P1130954_RP1130966_RP1130971_RP1130974_RP1130978_R

教室の後は、カンナ掛けの体験なども行ってもらいました。

皆さんの完成の写真です。↓

P1130890_RP1130892_RP1130893_RP1130894_RP1130895_RP1130900_RP1130901_RP1130940_RP1130941_RP1130943_RP1130946_RP1130956_RP1130968_RP1130969_RP1130985_RP1140003_RP1140004_RP1140005_RP1140006_R

本日の様子は以下の通りです。↓

P1130874_RP1130876_RP1130880_RP1130885_RIMG_9452_RIMG_9466_RIMG_9468_RDSC06348_RDSC06368_RDSC06370_RP1130914_RP1130916_RP1130919_RP1130922_RP1130924_RP1130926_RP1130928_RP1130929_RP1130933_RDSC06376_RDSC06378_RDSC06386_RDSC06389_RDSC06390_RDSC06391_RDSC06394_RDSC06400_RP1130952_RP1130963_RP1130966_RP1130978_RP1130996_RDSC06418_RP1130997_RP1130999_R

怪我もなく、無事に終了いたしました。皆さんよく頑張りました。

P1130983IMG_9548

また来年のお越しをお待ちいたしております。

|

2017年8月 4日 (金)

名匠家 合同勉強会

IMG_9432_R

本日は名匠家(横浜・多摩地域の上質な家づくり・家守りを重ねるネットワーク)の合同勉強会がありました。

IMG_9431_R

木造建築士の過去問題を用いて、現場管理、現場作業に必要な知識を確認しました。本日の講師担当はあすなろ建築工房の菊地です。

|

2017年8月 3日 (木)

地盤調査立会い

IMG_9424_R

現在設計中の上の宮の家の地盤調査に立ち会ってきました。このところ暑い日が続いていましたが、今日は何とか過ごしやすい気候で、バイク移動も気になりませんでした。

P1130818_R

傾斜地の造成分譲地です。

IMG_9220_R

完成予想の模型です。擁壁と近隣との敷地条件を上手くクリアした設計内容となっています。

P1130829_R

SS試験機です。さてどんな結果となるか、数日後の速報結果待ちです。

|

「ワクワクハッピーな家」基礎工事

P1130798_R

「ワクワクハッピーな家」の現場の様子を見てきました。基礎工事が完了し、周辺設備埋設工事中です。昨日の雨でちょうどいい感じで水中養生している感じでした。お盆開けに建て方予定です。

|

2017年8月 1日 (火)

ハウスメーカーの家づくりと工務店の家づくりの違い

P1130759_R

JBN(全国工務店協会)既存改修委員会の視察で、都内の会員工務店さんのリフォーム現場を拝見させて頂きました。某有名ハウスメーカーによる施工のお宅での改修工事で、築18年目とのこと。

まず最初に驚いたのが「築18年?!」ってことでした。改修工事中で、内装の解体工事を進めている段階だったのですが、個人的には築30年以上経っているかのような劣化の状況でした。周りのメンバーも同じ感想でした。私たちが手がけた家は、築18年というと、ちょうど木部が飴色に変わってきて、いい味が出てくる頃合いです。そんな味が出てきている家をたくさん知っているものですから、このお宅が18年というのが信じられないというのが感想です。

P1130761_R

このお宅はハウスメーカーによる工場生産のパネル工法ということで、すべてが合板仕上げとなっているため、傷や剥がれが目立ち、仕上げ材としての劣化してしまっていました。無垢材が経年美化していくことを考えると正反対です。

P1130763_R

バルコニーの窓枠を外した状態。仕上げ材が4mm程度しかありません。化粧ベニア合板が張られていたそうです。掃き出し窓の下枠は、足がかかる部分で傷もつきやすいので、私たちの常識だと25mm以上の無垢材を使用するところです。

P1130764_R

外壁もサイディングでコーナー部などで納まりが???となる部分がいろいろありました。

P1130771_R

壁はパネル工法ですが、屋根は現場施工の模様。

P1130751_R

担当している大工さんの話では「とにかくすべてのものが接着剤で貼り付けてあって、剥がせなくて大変」とのこと。工場でパネル化するので、接着剤を多用するようです。ハウスメーカーの作る家は、将来の改修のことについては、新築時の考えに入っていないようです。新築時の性能はきっとよいものだったと思いますが、家は将来の家族の変化や時代の変化に柔軟に対応できるもので無くてはならないと思います。しかも5本指に入る大手高級ハウスメーカーさんによる施工です。

家は永く住まうもの。世代を渡って住み続ける家であるためには、材料選び、工法選びが大事であることを再認識いたしました。たtった18年でみすぼらしくなってしまう家では困りますもんね。

|

2017年7月31日 (月)

勘定日 お疲れ様会

P1130614_R

本日は勘定日(職人さん、大工さん、スタッフにお給料を払う日)です。

P1130615_R

コストコで買ってきたピザ、ラザニア、ペンネグラタン、アヒージョなどをkirinsanで調理しました。kirinsan大活躍!

P1130635_R

今月もお疲れ様でした。

P1130638_RP1130639_RP1130652_RP1130651_RP1130657_R

6月からあすなろ建築工房で研修を続けていたインターンの学生の二人も研修は明日で終わりです。若者と先輩たちが語らい会う場っていいですね。

|

現場廻り

P1130578_R

インターンの学生を連れて現場回りしてきました。まずは世田谷区でのリフォームの現場。

P1130574_R

断熱をしっかりと入れた省エネ、バリアフリー、耐震リフォームです。お住まいになられた状態での工事なので、3つの工期に分けて順に工事を進めています。

P1130572_R

しっかりと断熱材も充填されました。暖かいお部屋になりますね。

P1130605_R

続いて綾瀬市で進行中の新築現場。オルタスクエア(生活クラブ生協の住宅部門)設計です。

P1130581_R

外部の木工事の追い込みをしています。

P1130585_R

インターン研修中の千田君です。まだ2年生なので、電動工具ではなく手ノコギリでの作業です。研修は明日までです。

P1130587_R

内部はもうほとんど完成です。お盆開けに見学会(生活クラブ生協神奈川組合員向け)予定です。

|

つなぐ家 庭木の様子

P1130567_R

昨年秋にお引渡しした「つなぐ家(瀬田の家)」に庭木の様子をみてきました。インターンの小竹君も同行です。

P1130557_R

自動散水装置。お客様にてメーカーにいろいろと問合せしてベストな組み合わせとしたそうです。

P1130554_R

P1130555_R

お庭が大きいと水遣りも大変な作業です。自動散水装置は便利ですね。

P1130561_R

手水鉢のメダカもかなり大きくなっていました。

|

2017年7月30日 (日)

ホームパーティ

IMG_9304_R

本日は親戚家族をお呼びしてホームパーティー。まずはローストビーフに火を入れています。

IMG_9305_R

「お手伝い」ではなく、マシュマロを焼いています。

IMG_9324_R

焼いた後、少々保温して、切ってみます。いい感じです。

IMG_9325_R

美味しく出来ました。

IMG_9308_R

kirinsanでピザ焼き。

IMG_9313_R

焼きたてはとても美味しいです。

IMG_9311_R

燻製とスペアリブ。

IMG_9326_R

燻製はつまみにはもってこいです。

IMG_9331_R

これも美味しく出来ました。

IMG_9323_R

kirinsanの上部ではダッチオーブンでトウモロコシを蒸しました。これも甘く仕上がりました。

IMG_9316_R

なんだかんだといろいろと料理が揃いました。

IMG_9338_R

子供たちも楽しそう。

P1130542_R

お越し頂きありがとうございました。

|

2017年7月28日 (金)

ちょっと飲み会

IMG_9291_R

私の小学校の時の同級生と担任の先生と飲み会。秋に同窓会を開こうかと相談してきました。

|

エコハウス講演会

IMG_9286_R

著書「ホントは安いエコハウス」(7月21日発売)が爆売れしている松尾設計室の松尾さんの講演会。何か新しい話が聞けることを期待して、講演を聞きに行ってきました。

IMG_3354_R

松尾さんは、昨年の秋に六ッ川の家にもお越し下さっていて、いろいろと情報交換をさせて頂いております。

IMG_9284_R

今、人気の講師とあって、大きな会場にも関わらず満席でした。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上

小屋裏エアコンの奥義を聴くことが出来ました。このお話は今まで見たことも聞いたこともなかった内容で、本邦初公開とのこと。これからしっかりと設計に盛り込んで行きたいと思います。

|

Bench House(寺谷の家)地鎮祭

P1130364_R

横浜市鶴見区にて地鎮祭が行わ執り行われました。

IMG_9281_RP1130381_R

車の通ることが出来る道路への接道が無く、手運びの作業となる敷地です。

P1130401_R

小さなお子様も一緒に鍬入れをしてくれました。

P1130422_R

皆で工事の安全と竣工後のご家族のご多幸を祈願いたしました。

IMG_9280_R

これから安全第一で工事を進めて参ります。

IMG_9400_RIMG_9394_R

リビングダイニングに設置したベンチが特徴的な住宅となります。来年2月に完成予定となります。完成が楽しみです。

|

2017年7月26日 (水)

住みながら改善

IMG_9272_R

「家は出来上がったら完成ではないもの。住みながらよりよく快適に住まえるように改善していくもの。」とお客様にはお伝えしています。

IMG_9271_R

六ッ川の家も時々手を加えています。例えば、南側の星見台デッキに設置したタープもその一つです。このデッキは寝室のウォークインクローゼットの東側にあるので、朝の2時間ほどは真横から朝日を受けます。

IMG_9274_R

小さな出入り口なので、日射取得量はそれほどではないですが、やはり朝はクローゼットが暑くなります。そこで写真のようなタープを取り付けています。もともとは通販で買ったチープなタープだったのですが、たまたまネットで市販品でいい感じのものがあったので、取り替えてみました。

IMG_9409_RIMG_9419_R

建物の外観を印象付ける意味でもいいアクセントとなりました。

|

2017年7月24日 (月)

貝塚の家 撮影

DSC06295_R

貝塚の家に訪問。建築知識ビルダーズの撮影立会いで、設計の西方先生もいらっしゃるとのことで、私もお邪魔してきました。

IMG_9252_R

お昼過ぎからスパークリングワインをお施主様と二人で30分で空けてしまっておられました。

雑誌の撮影ということで、横から私も少し撮影させてもらいました。

001002003004005006007008009010011012013014

快適にお住まいのご様子です。週末は、お友達やご親戚をお招きしてのホームパーティーも多く開催されているとのこと。

IMG_9254

せっかく西方先生がいらしているので、川崎の場末の居酒屋への流れたいところだったのですが、私は後ろ髪を引かれながら、財務分析のスキルアップセミナー受講のため、一人退席となりました、、、、。(;_;)

|

建築知識8月号に掲載されました

IMG_9245_R

7月20日発売の建築知識8月号(X-Knowledge社)に、あすなろ建築工房で設計施工した「床座の家」「六ッ川の家」「つなぐ家」「家事ラクの家」「追憶の家」「積想の家」「Inner Box」の合計7軒が、『木造住宅のすごい新常識』のコーナーで事例として掲載されています。

IMG_9246_R

書店でお見かけの際は、是非お手にとって見ていただいて、あすなろ建築工房の家づくりの一部をご覧いただけばと思います。

|

2017年7月23日 (日)

高校同窓会

CIG_IMG115_R

本日は、高校の同級生との同窓会。川崎市多摩区の多摩川沿いにある県立多摩高等学校30期の同窓会です。

P1130277_RCIG_IMG009_R

当初は「多摩川河川敷でBBQしようか」との話だったのですが、準備や天候のことを気にして、あすなろ建築工房の作業場を提供することになりました。有志で集まって、皆で準備開始です。

CIG_IMG002_RCIG_IMG011_RCIG_IMG006_RCIG_IMG012_RCIG_IMG028_R

当然皆、私と同級生となりますので、50歳前のおじさんとおばさんが協同して準備にあたりました。(^_^;)

CIG_IMG018_R

生ビールサーバーの毒見をしています。

CIG_IMG019_RCIG_IMG023_RCIG_IMG022_R

順番に毒見しています。

CIG_IMG025_R

やっぱり生ビールサーバーのビールは旨い!

CIG_IMG016_RP1130290_RCIG_IMG056_R

ロケットストーブ、kirinsanともに大活躍。

CIG_IMG010_RCIG_IMG059_RCIG_IMG060_RCIG_IMG058_RP1130317_R

ピザは生地作りからの本格ピザ。やはりとっても美味しい。

CIG_IMG070_RCIG_IMG066_R

手作りにこだわった食材でのBBQ。材料は皆が持ち寄ってくれました。美味しかった!

P1130303_RCIG_IMG079_R

大人ばかりの「流しそうめん」!

CIG_IMG134_RCIG_IMG135_RCIG_IMG137_R

大人ばかりの「スイカ割り」!

これらは、いつもは子供限定なので、楽しかった!

P1130300_RP1130312_RP1130315_RCIG_IMG030_RCIG_IMG033_RCIG_IMG039_RCIG_IMG041_RCIG_IMG049_RCIG_IMG051_RCIG_IMG054_RCIG_IMG057_RCIG_IMG065_RCIG_IMG068_RCIG_IMG069_RCIG_IMG073_RCIG_IMG081_RCIG_IMG084_RCIG_IMG086_RCIG_IMG091_RCIG_IMG094_RCIG_IMG096_RCIG_IMG097_RCIG_IMG098_RCIG_IMG099_RCIG_IMG103_RCIG_IMG105_RCIG_IMG106_RCIG_IMG110_RCIG_IMG111_RCIG_IMG116_RCIG_IMG120_RCIG_IMG131_RCIG_IMG132_R

賑やかな同窓会となりました。

CIG_IMG142_R

皆さん、遠い人もあったと思いますが、お越し頂くことになってしまって申し訳なかったです。お疲れ様でした。また来年もお会いしましょう!写真もたくさんありがとう!

|

2017年7月22日 (土)

家づくり講座2(構造・温熱環境の基礎勉強)

170722_R

本日午後は、あすなろ建築工房の家づくりセミナーが開催されました。第4回となる本日は「家づくり講座2(構造・温熱環境の基礎勉強)」についてご説明させて頂きました。実は午前中の新築住宅のプレゼンテーション図面と模型作成、午後のセミナーの講義資料の作成のため、久しぶりの徹夜でした。どちらも無事にうまくいってよかったですが、さすがに疲れました。
次回は9月16日(土)14:00〜16:00「暮らしの講座」の予定です。
お越しをお待ちいたしております。

|

BBQハウス

IMG_9220_R

本日は新築住宅計画のプレゼンテーションを行いました。傾斜地内の造成分譲地での計画で、南側に5mの高い擁壁がそびえ立っています。条件的にはとても難しい敷地ですが、ここに家族4人が仲良く快適に住まう提案をさせて頂きました。「ダイニングやウッドデッキで焼肉と楽しみたい」というご要望に応えたものです。その名も「BBQハウス」!お陰様で、気に入って頂き、設計監理契約を頂きました。来年6月完成予定となります。完成が楽しみです。

|

2017年7月20日 (木)

新木造技術研究協議会(新住協)勉強会

IMG_9209_R

本日は新木造技術研究協議会(新住協)の勉強会がありました。スタッフとともにお昼は会場近くでラーメンです。

IMG_9208_R

無化調でさっぱりとした正統派塩ラーメン。餃子と鶏丼がセットです。

P1130252_R

蒲田先生から直々のお話を伺える貴重な時間。温熱環境設計はまだまだ新しい分野でもあるので、日々進化しています。最新の研究結果はかなり貴重な情報源となります。

P1130254_R

IMG_9207_R

内容はやはり盛りだくさんです。

P1130260_R

横浜は地域区分で「6地域」とされているのですが、蒲田先生の見解では、「7地域相当」として見直されていました。それだけ温暖であるということです。温熱環境設計する際にはとっても重要な与条件となります。

P1130261_R

省エネ住宅設計をする場合の勘所の講義。

P1130263_R

外断熱の危険性もしっかりと理解。

中身の濃い講習でした。

IMG_9211_R

講習会後は、鎌田先生を交えての懇親会。見る人が見ると、「なんだこのメンバーは!」と驚いてしまうメンバーです。全国で活躍する皆様でございます。こんな方々から直接お話を伺える私は幸せ者です。(^-^ )

|

2017年7月18日 (火)

社内ミーティング

IMG_9195_R

本日は、社内スタッフ全員でのミーティングの日。先日のお客様向けの家づくりセミナーの様子を撮影したビデオにて、皆で反省会です。

|

2017年7月17日 (月)

週末の過ごし方

IMG_9124_R

長女から時々受ける「釣りに行きたい」リクエスト。もうお馴染みとなった、事務所近くの掘割川から出港するアジ釣りの釣り船屋さん。

IMG_9130_R

いつもは午後の船に乗ることが多いのですが、今日は早起きして午前の船です。初めての人が多いようで、船頭さんから釣り方の講習。

IMG_9134_R

釣り場は、富津岬沖です。春先は横浜港近くでいい形がたくさん獲れましたが、暑くなった今はかなり時間がかかる釣り場となります。

IMG_9136_R

もう慣れたもので、勝手に餌付けも自分で出来るようになり、私も楽になりました。

IMG_9137_R

おっと、先に釣り上げられてしまいました。(^_^;)

IMG_9166_R

釣果はイマイチ。パパ7匹+サバ1匹。長女4匹+ハゼ2匹。(T_T)

IMG_9159_R

朝早く起きての船だったので、お昼過ぎには帰宅。お昼ご飯は、ウッドデッキでピザを焼いて頂きました。

IMG_9161_R

このところkirinsanが大活躍。上部ではポップコーンを炒めています。

IMG_9155_R

焼きたてピザは美味しいね。

IMG_9164_R

「よし、この流れで夕御飯も外(ウッドデッキ)で食べよう」とのことで、いつものように燻製の準備。

IMG_9171_R

じっくり燻して、いい色になりました。

IMG_9176_R

上手に出来ました。

IMG_9168_R

さて、釣ってきたアジをさばきます。

IMG_9170_R

釣果はいまいちでしたが、4人で食べるには十分すぎる量です。

IMG_9169_R

サバもお刺身で頂きました。

IMG_9182_R

3枚におろした真ん中の部分は、カリッと揚げて骨せんべい。

IMG_9179_R

コンロでお肉も焼きました。

IMG_9192_R

勢いでローストビーフまで作ってしまった。

IMG_9188_RIMG_9189_R

思いがけないご馳走になってしまいました。

IMG_9193_R

〆は、やっぱりアジのなめろう茶漬けです。最近の悩みは「キャンプに行けないこと」。実はこの連休もキャンプに行きたかったのだけど、子供達に聞いても「家で出来るし、行かなくてもいいんじゃない」の回答でした。悲しい、、、。

|

2017年7月16日 (日)

畑仕事?泥遊び?

IMG_9108_R

お休みを使って、千葉のおじいちゃんの家庭菜園に収穫に行ってきました。

IMG_9099_RIMG_9101_RIMG_9103_R

きゅうりやトマトを収穫してきました。

IMG_9112_RIMG_9122_R

ナスなどの苗も植えてきました。

IMG_9121_R

庭仕事というより泥遊びになってしまいました、、、。

|

2017年7月14日 (金)

求人募集

SYUUGOU2_R

あすなろ建築工房では、工事管理スタッフを募集しています。私たちと一緒に、お客様の夢を叶える「家づくり」の仕事をしてみませんか。

お客様をお待たせしてしまっている状況であるため、今回は即戦力を募集しています。工事管理という仕事は、決して楽な仕事ではありません。あすなろ建築工房のつくる家には、お客様の夢がいっぱい詰まっています。周りのスタッフや大工や職人とともにお客様の夢を叶える仕事は、大きなやりがいを感じることが出来ます。「ありがとう」って人から感謝される仕事です。そのためには、あなた自身が「家づくりが好きであること」が大切です。「家づくりが好きであること」を採用条件とします。

【募集内容】
・職種:工事管理スタッフ
・業務内容:木造住宅の工事管理
(施工図作成、見積、現場管理、アフターケア(家守り))
・対象物件:在来木造の注文住宅
・採用条件:家づくりが好きであること
意欲のある人
(最初は出来なくても構いません。指導します)
非喫煙者
・必要スキル:パソコンが使えること
(エクセル・ワード・CADは使えること)
車の運転が出来ること
(2tトラックの運転が必要のため、AT限定は不可)
・勤務形態、賃金形態については応相談
・厚生年金・健康保険等加入
・退職金制度有り
・日祭日休み・夏季・冬季休暇、その他会社が定める休暇あり
・就業時間 8:30~18:00

詳しくは、ホームページの「お知らせ」欄をご覧ください。
http://www.asunaro-studio.com/information/2017/07144886.html

|

«木工教室 準備